アフターピルの知識

アフターピルってどういう時に必要?

更新日:

アフターピルは、性交渉後に服用することで避妊効果を得ることができる薬です。通常、避妊というとコンドームや低用量ピル、IUS(子宮内避妊システム)、IUD(子宮内避妊用具)などいくつかの方法がありますが、どの方法も性交渉前や性交渉中に使用することで、妊娠を防止することができます。

一方、アフターピルは、その名前の通り避妊に失敗した性交渉の後に服用することで、妊娠を防止することができるという大きな違いがあります。

コンドームの避妊効果

日本では、避妊というとコンドームが一般的です。コンドームは、男性主導の避妊方法で、厚生労働省から許可を得て製造される医療機器です。薬局だけではなくコンビニなどでも手軽に入手することができ、性感染症予防にも効果がありますが、避妊率は80~85%と必ずしも装着したからといって完全に避妊できるものではありません。

また、装着したとしても途中で破れてしまったり、性交渉の途中から付けた、膣内で抜けてしまったなど、正しく使用しないと避妊効果を得ることができません。コンドームの正しい装着方法は、袋を開ける際にコンドームを破かないように注意して取り出し、裏表を確認しながら根本まで巻きおろしていきます。

先端部分には精液溜めがありますが、この部分に空気が入らないように先端を摘まんで押さえながら装着していきます。

コンドームを使用しない理由

避妊をしないのは男性の身勝手な理由
コンドームは男性主体の避妊方法です。そのため、付けるのが面倒だ、付けない方が気持ちが良いなどという身勝手な理由で、コンドームを付けずに性交渉をしてしまう女性も少なくありません。

また、中出ししなければ妊娠しないと思っている人もいますが、これは大きな間違いで、射精前であっても精液は排出されていますから、妊娠する可能性はゼロではありません。きちんと避妊をせずに性交渉をしてしまい、望まない妊娠をする女性は少なくありません。

そういった女性の多くは、中絶手術を選んでいますが、中絶手術は人工的に赤ちゃんを取り出したり、陣痛を引き起こして身体の外へ排出させるなど、身体に大きな負担をかける手術です。
また、肉体だけではなく精神的にも大きな負担をかけることになりますから、妊娠を望まないのであれば、男性に任せるのではなく、きちんと自分で対策をとる必要があります。

アフターピルが持つ避妊効果

アフターピルの効果とは
緊急避妊薬は、避妊に失敗した性交渉や、レイプなどの性犯罪に巻き込まれて妊娠の可能性があるという場合、事後でも飲むことで避妊効果を得られます。一般的に性交渉後72時間以内の服用が良いとされていますが、なるべく早く飲むと高い避妊効果を得ることが出来ます。

ホルモンバランスを崩す作用があり、それにより強制的に生理を引き起こすことが出来るのがアフターピルなのです。個人差はありますが、飲んでから3日~3週間以内に生理(消退出血)が起こり、避妊が成功したことが判明します。ただ、気をつかないといけないことは、緊急避妊薬には多量の女性ホルモンが含まれていますから、急激にホルモンバランスを崩すことになります。そのため、吐き気や頭痛、嘔吐などの副作用が現れる場合もあります。
また避妊効果は100%では無いので、あくまでも最終手段として利用するようにしましょう。

女性主体の避妊方法

コンドームが男性主体の避妊方法に対して、ピルは女性が主体となって行える避妊方法です。ピルには、含まれているホルモン量によって低用量ピルや中用量ピル、緊急避妊薬などの種類があります。
現在は低用量ピルが主流となっていて、毎日1錠飲むことで確実に避妊効果を得ることができ、子宮内膜症や月経前症候群、生理痛の改善など婦人科経の疾患の治療薬としても使用されています。

一方緊急避妊薬は含まれているホルモン量が多く、避妊に失敗して妊娠の可能性がある場合、急激にホルモンバランスを崩すことで子宮内膜を剥がして受精卵の着床を防ぎ、妊娠を防止することができます。どちらも女性自身が主体となって自分の身を守ることができ、正しく使用することで望まない妊娠を防ぐことができます。

近年日本では性交開始の低年齢化などによって、望まない妊娠をする女性が増えています。また、レイプなどの性犯罪に巻き込まれ、妊娠してしまうというケースもあり、アフターピルの必要性が重要となってきています。男性に頼ってばかりではいられない今「もしも」の時のことを考えて女性側としても避妊出来るように備えておくことが大切です。

アフターピルを知る
アフターピルを知る

性交渉の時、避妊の為にしていることで一般的なのはコンドームでしょう。しかし、コンドームだけでは、外れたり、破れてしまったなどということが起きたとき避妊効果は無いに等しくなってしまいます。 また、相手の ...

続きを見る

女性の味方:アフターピル人気ランキング

アフターピルといっても、1回の服用で良いタイプと2回の服用に分ける必要があるタイプなどいろいろあります。何が違って、どれが良いの?と迷う方も多いのではないでしょうか。

それでは、ここで実際に人気のあるアフターピルについて紹介していきます!

アイピル

アイピルランキング広告

多くの病院で避妊薬として処方されている、ノルレボのジェネリック医薬品です。同じ有効成分レボノルゲストレルが1.5mg配合されていて、ほぼ同じ成分でインドのシプラ社によって製造されています。

その為、ノルレボとほとんど同じ効果を得られる上に安いことで人気です。また、1回の服用で良いという手軽さもアイピルが人気な理由の1つです。

マドンナ

マドンナのランキング広告

タイの製薬会社で製造された、ノルレボ錠のジェネリック医薬品であるマドンナ。

ただ、1錠に含まれる有効成分が0.75mgの配合のため、2回に分けての服用が必要になります。

海外で広く利用されているアフターピルの1つです。

避妊に失敗した後、72時間以内に1錠とそれからさらに12時間後にもう1錠を飲むことで高い確率で避妊できます。

エラ

エラのランキング広告

通常72時間以内の服用が望ましいアフターピルですが、このエラは120時間つまり5日以内の服用で約85%以上の避妊効果が期待できます。

その避妊効果は3日以内であれば、約95%以上とも言われています。

服用の制限時間が格段に伸びながらも、服用は1回で良いので飲み忘れてしまう心配もありません。

-アフターピルの知識

Copyright© アフターピルで緊急避妊|女性の味方 , 2017 AllRights Reserved.