アフターピルの効果

避妊したい人必見!アフターピルの正しい服用方法

更新日:

アフターピルの正しい服用方法
彼氏や夫との間に「今、子どもができることは望んでいない」そんな時に妊娠の可能性があるとさまざまな理由もあることからアフターピルを飲んで避妊する人もいます。しかし、その避妊率は100%では無いので妊娠してしまう人も。そうならない為にも、正しく飲んで高い避妊効果を得る必要があります。

ただ「性交渉後72時間以内に飲めば、避妊できる」と思っている人は最大限にアフターピルの効果を得られていはいない可能性があります。それは一体どういうことなのでしょうか。アフターピルの服用方法や用量についてしっかり理解して「望んでいない妊娠」を防ぎましょう。

服用方法の違い

種類による服用方法の違い
産婦人科などの病院から緊急避妊薬として処方されることがある、中用量ピルのプラノバールは、もともと生理不順や生理痛などの改善薬として使用されていたホルモン剤です。そのため、副作用を引き起こしやすくしてしまう卵胞ホルモン量が多いことから服用後に様々な症状が強くあらわれてしまうという特徴があります。
服用方法は、性交渉後72時間以内に2錠を服用し、12時間後にさらに2錠服用することで効果を得ることができます。

一方アフターピルのノルレボは、性交渉後72時間以内に2錠もしくは1錠を服用するだけで効果を得られるという違いがあります。個数の違いには、レボノルゲストレルという黄体ホルモンに似た働きをする成分の量が関係しています。もともとノルレボは0.75mg/1錠の規格で作られた薬だったため2錠の服用でしたが、1.5mg/1錠の規格のものが作られるようになったので1錠で処方される場合もあるのです。

1回の服用で良いので飲み忘れの心配もなく、プラノバールとは異なり緊急避妊に特化する為に改良され、卵胞ホルモン量が少ないので副作用も比較的軽くなっています。これほど服用方法には違いがある為、服用する薬の種類の確認と1回何錠の服用であるのか、しっかり確認しておくことをオススメします。

制限時間

プラノバールもノルレボもどちらも服用の制限時間は72時間となっていますが、これは受精から着床するまでの時間と深く関わっています。受精から着床するまでには、7日程度かかると言われています。着床までに服用することで子宮内膜への受精卵の着床を防ぐことができます。しかし、体調や体質と同様に着床までにかかる時間も個人差があります。その為「72時間以内」という時間だけを気にして、ギリギリに服用してしまっては、人によって避妊失敗してしまう可能性もあるということです。

ノルレボの避妊率に関しても72時間以内では約75%、24時間以内だと約95%という避妊効果が期待できます。そのため高い確率で妊娠を阻止するには、できるだけ早くアフターピルを服用することが大切です。
ただ72時間を過ぎてしまっても、全く効果が望めないわけではありませんし、ノルレボの場合は120時間までの服用で、50~60%程度の成功率があるともいわれていますから、何の対策をとらないでいるよりは、服用した方がよいでしょう。

用法・用量を守ることが大事

用法・用量を守ることが大事
避妊に失敗した場合、何とかして妊娠を阻止しようと思って、アフターピルを多めに飲むという人もいますが、多めに飲んだとしても効果が高くなるわけではなく、逆に体に大きな負担をかけてしまいますから、必ず用法・用量を守って服用することが大切です。

ピルには、多くの女性ホルモンが配合されていますから、服用することで体内の女性ホルモンの分泌量を大きく変化させてしまいます。その変化によって妊娠を阻止することができますが、吐き気や嘔吐、頭痛といった副作用も強く現れるというリスクもあります。特に中用量ピルのプラノバールは副作用が強くでる場合があるので、事前にしっかりと説明を受けておくことが大切です。

服用してすぐに嘔吐してしまった場合には、ピルの成分が体内に吸収されていない場合もありますから、再度処方してもらい服用する必要があるケースもあります。
婦人科を受診して処方してもらうには、健康保険の適用外となりますから、病院によっては1万円~1万5千円ほどかかる場合もあるので、きちんと用法・用量を守り、重篤な副作用を感じた場合には、医師の診断を仰ぐようにしましょう。

できるだけ早く服用することが大事

欧米では低用量ピルを服用する女性が多く、一般的な薬となっているのに対し、日本ではまだピルという存在の認知度が低く、強い副作用が出るといったマイナスのイメージを持っている人が多いため、普及していないというのが実状です。ただコンドームを使っていても100%妊娠を阻止することはできませんし、男性の中にはコンドームを付けるのを嫌って何の対策もせずにセックスをする人もいるので、断り切れずに望まない妊娠をしてしまう女性も少なくありません。

妊娠を望んでいない場合女性がとる道は、中絶手術になってしまいますが、たとえ手術が短時間で終わる妊娠初期の中絶手術であっても肉体や精神に与える影響は大きく、その後の妊娠が難しくなるケースもありますから、女性が自分自身で身を守ることが大切です。中絶という悲しい結果になる前に、女性が行える方法として低用量ピルがあります。
日頃から避妊をしっかりしておきたいという人にとっては、低用量ピルは女性が自分の体を守ることのできる最も確実な避妊方法です。

一方、プラノバールやノルレボは、コンドームが破れていたり、犯罪によって引き起こされる妊娠を防止することができます。性交渉後に服用することで急激にホルモンバランスを崩して、人工的に子宮内膜を剥がして、着床を防ぐことで妊娠を防止することができます。低用量ピルとは服用方法が異なりますから、注意が必要です。

プラノバールやノルレボは、妊娠を阻止するための最終手段となりますが、体へは大きな負担をかけることになります。そのため、あくまでも緊急時に使用するということを守ることが大切です。

アフターピル服用で起こる避妊成功の証とは
アフターピル服用後に分かる、避妊成功の証とは

アフターピルは避妊に失敗した時に飲むだけで、高い確率で妊娠を阻止することができる経口避妊薬です。緊急避妊薬とも呼ばれるアフターピルは多量の女性ホルモンが含まれているため、服用することで排卵を抑制します ...

続きを見る

女性の味方:アフターピル人気ランキング

アフターピルといっても、1回の服用で良いタイプと2回の服用に分ける必要があるタイプなどいろいろあります。何が違って、どれが良いの?と迷う方も多いのではないでしょうか。

それでは、ここで実際に人気のあるアフターピルについて紹介していきます!

アイピル

アイピルランキング広告

多くの病院で避妊薬として処方されている、ノルレボのジェネリック医薬品です。同じ有効成分レボノルゲストレルが1.5mg配合されていて、ほぼ同じ成分でインドのシプラ社によって製造されています。

その為、ノルレボとほとんど同じ効果を得られる上に安いことで人気です。また、1回の服用で良いという手軽さもアイピルが人気な理由の1つです。

マドンナ

マドンナのランキング広告

タイの製薬会社で製造された、ノルレボ錠のジェネリック医薬品であるマドンナ。

ただ、1錠に含まれる有効成分が0.75mgの配合のため、2回に分けての服用が必要になります。

海外で広く利用されているアフターピルの1つです。

避妊に失敗した後、72時間以内に1錠とそれからさらに12時間後にもう1錠を飲むことで高い確率で避妊できます。

エラ

エラのランキング広告

通常72時間以内の服用が望ましいアフターピルですが、このエラは120時間つまり5日以内の服用で約85%以上の避妊効果が期待できます。

その避妊効果は3日以内であれば、約95%以上とも言われています。

服用の制限時間が格段に伸びながらも、服用は1回で良いので飲み忘れてしまう心配もありません。

-アフターピルの効果

Copyright© アフターピルで緊急避妊|女性の味方 , 2017 AllRights Reserved.