アフターピルの知識

アフターピル服用後に分かる、避妊成功の証とは

更新日:

消退出血以外の出血もある
アフターピルは避妊に失敗した時に飲むだけで、高い確率で妊娠を阻止することができる経口避妊薬です。緊急避妊薬とも呼ばれるアフターピルは多量の女性ホルモンが含まれているため、服用することで排卵を抑制します。さらに子宮内膜を引き剥がすため、故意に生理を引き起こし、着床を防ぎます。

服用から3日から3週間以内に出血が起これば、避妊に成功したといえます。ただ服用後に起こる出血の中には、着床出血や病気による出血の可能性も考えられますから、どういったものが避妊成功の証となるのかを知っておく必要があります。

緊急避妊薬を飲んで起こる出血の違い

緊急避妊薬は、服用することで急激に体内のホルモンバランスを崩して、子宮内膜を引き剥がして故意に生理を引き起こします。
通常の生理と区別するためにこのときに起こる出血のことを不正出血といいますが、不正出血には消退出血や着床出血、排卵出血などがあります。

消退出血とは、ピルを服用した際に起こる出血のことで、排卵のない状態で起こる子宮内膜の剥離のことをいいます。着床出血は、子宮で受精・着床が起こった時に生じる出血のことで、妊娠の初期症状として起こります。排卵出血は、排卵時起こる少量の出血のことで、生理と生理の間に起こるため、中間期出血とも呼ばれています。

着床出血は妊娠の証、そして排卵出血は?

着床出血と排卵出血以外の出血もある
着床出血は、受精卵が子宮内膜に着床した時に起こる出血で、通常生理よりも色が薄く少量なのが一般的です。この出血が起こってしまうと、呼び名の通り着床してしまったということなので、妊娠したことを意味しています。緊急避妊薬を服用後、早い人だと3日後くらいで出血が起こります。
通常、ピルを服用したことで起こる消退出血を考えられますが、緊急避妊薬の服用期間と重なると着床出血との区別が難しく、ピル服用後3日以内に起こった出血は消退出血以外が原因の場合もあります。

そして排卵出血は、比較的少量の出血の場合が多いです。女性の体内で排卵が起こった時に、卵巣が傷ついたりホルモンバランスが一時的に変化することで子宮内膜の一部が剥がれおちることがあるのです。

妊娠検査薬の必要性

ただ、3週間を過ぎても出血が起こらなかった場合には、妊娠している可能性も考えられます。生理が起こらず不安な場合には、生理予定日の1週間後に妊娠検査薬で確かめてみる必要があります。不正出血の量は個人差もあり、通常の生理程度の量がある場合もあれば、ごく少量の場合など人それぞれで中には症状が無い人もいます。

避妊成功の証

緊急避妊薬を服用後、3日~3週間以内に出血が起こった場合には、避妊成功と考えられます。
着床出血を消退出血と勘違いして避妊成功だと喜んでいても、実際は妊娠している可能性もありますから、きちんと確認する方が安心です。
また、着床出血や排卵出血以外にも、病気による出血も考えられますから、少しでも不安な場合には、早めに婦人科を受診するようにしましょう。

緊急避妊薬の必要性

アフターピルの必要性を知る
緊急避妊薬は、その名前の通り緊急時に必要とする避妊薬です。緊急時というのはコンドームが途中で破れてしまったり、膣内で射精された。性的暴行を受けて妊娠の可能性があるといったような場合で、性行為後72時間以内に飲むことで妊娠を防ぐ働きをします。そうすることで、次の生理が来るまでの不安を取り除くことができます。
ただ緊急避妊薬は、毎日飲んで排卵抑制や生理痛改善の効果を得ることができる低用量ピルとは異なり、急激にホルモンバランスを崩すため体に大きな負担をかけることになります。

日本ではピルというとあまり一般的な薬ではなく、主に子宮内膜症や生理痛、月経前症候群などの婦人科系の疾患の治療薬として用いられることがほとんどです。
ただ低用量ピルを毎日服用することで避妊の働きも持つので、女性が自身を守ることができる方法として有効です。
緊急避妊薬は、低用量ピルやコンドームでの避妊に失敗してしまった時に、避妊できる最終手段です。そのため妊娠を望まないのであれば、常備しておくと安心です。

アフターピルの避妊効果
アフターピルの避妊効果

コンドームを使用していたのに破れていた、酔った勢いでそのまましてしまっていたなどSEX後に失敗に気付き、あわてて洗浄したりして次の生理が来るまではひやひやした、ということは割と多くの人が経験したことが ...

続きを見る

緊急避妊薬を飲んだ後の注意点

きちんと判断できないうちは、その間のセックスは避けるか、きちんと避妊をするようにすることが大切です。間違っても、出血などの成功の証がないうちに、妊娠の可能性があるセックスを行うことはやめましょう。

緊急避妊薬は、性行為後の避妊に効果はありますが、乱用すると副作用が強く現れたり、血栓症のリスクも高くなってしまいますから、あくまでも緊急時に使用するということを守ることが大切です。女性が自分自身で身を守る為の味方をしてくれる低用量ピルや緊急避妊薬は、きちんと用法・用量を守って服用することが大切です。

女性の味方:アフターピル人気ランキング

アフターピルといっても、1回の服用で良いタイプと2回の服用に分ける必要があるタイプなどいろいろあります。何が違って、どれが良いの?と迷う方も多いのではないでしょうか。

それでは、ここで実際に人気のあるアフターピルについて紹介していきます!

アイピル

アイピルランキング広告

多くの病院で避妊薬として処方されている、ノルレボのジェネリック医薬品です。同じ有効成分レボノルゲストレルが1.5mg配合されていて、ほぼ同じ成分でインドのシプラ社によって製造されています。

その為、ノルレボとほとんど同じ効果を得られる上に安いことで人気です。また、1回の服用で良いという手軽さもアイピルが人気な理由の1つです。

マドンナ

マドンナのランキング広告

タイの製薬会社で製造された、ノルレボ錠のジェネリック医薬品であるマドンナ。

ただ、1錠に含まれる有効成分が0.75mgの配合のため、2回に分けての服用が必要になります。

海外で広く利用されているアフターピルの1つです。

避妊に失敗した後、72時間以内に1錠とそれからさらに12時間後にもう1錠を飲むことで高い確率で避妊できます。

エラ

エラのランキング広告

通常72時間以内の服用が望ましいアフターピルですが、このエラは120時間つまり5日以内の服用で約85%以上の避妊効果が期待できます。

その避妊効果は3日以内であれば、約95%以上とも言われています。

服用の制限時間が格段に伸びながらも、服用は1回で良いので飲み忘れてしまう心配もありません。

-アフターピルの知識

Copyright© アフターピルで緊急避妊|女性の味方 , 2017 AllRights Reserved.