アフターピルの知識

アイピルやマドンナ、アフターピルの比較

更新日:

2つのピルを比べている
ピルと言えば毎日服用することで避妊効果を得られものですよね。アフターピルは名前のとおり性行為後に使用できるピルなのです。その効果は100%と言う訳ではありませんが、行為後の服用が早ければ早いほど望ましいですね。
アフターピルで避妊できる仕組みを簡単に言うと、アフターピルの主成分が強制的に女性ホルモンに働きかけ生理をおこし、排卵後の状態にすることで着床を防ぎ妊娠させないというものです。

アフターピルを服用した際の副作用として、約半数くらいのかたが服用後3~4日後に消退出血があります。これはメカニズム的には、生理と同じです。
消退出血があったからといって安心せず医療機関を受診することをおススメしています。

ピル自体、日本の女性はあまりなじみがないように感じますが女性側からもできる避妊法ですよね。日頃ピルを服用していない女性でも、望まれない妊娠などを防ぐために緊急の場合はアフターピルを賢く使用しましょう。
各メーカーからそれぞれ特徴の異なった製品が多数出ています。そのなかでも特に人気の高い商品をそれぞれ比較してみました。製品によって飲み方や価格帯に幅があります。

マドンナについて

アフターピルの中でも特に人気の高いマドンナ。アフターピルを服用する際、心配されることの一つとして、吐き気などの副作用ですね。マドンナの特徴としては、時間をおいて二錠服用することです。性行為後、72時間以内に、一度目の服用~12時間後に2錠目を服用します。

マドンナは避妊効果においても、かなり高い確率の避妊効果があります。その反面、高濃度の女性ホルモンが含まれているアフターピルを2度にわたって服用するので、副作用が強くあらわれてしまう可能性もあります。それでも、万が一のおまもり替わりとしてアフターピルを常備されている女性が多いようです。

ひと箱に1回の服用分2錠入りで、だいたい日本円にすると1,000円~2,000円前後ですが、一般的なドラッグストアや大手通販サイトなどでは取扱いがないため、輸入代行のお店などで何箱かまとめ買いするのが一般的な購入方法です。

アイピルについて

アイピルが1錠で力になってくれる
アイピルもアフターピルの中では非常にメジャーな商品といえるでしょう。女性に良く知られているアフターピルがアイピルなのです。それは、ノルレボのジェネリック医薬品としても知られていることが大きく関係しています。マドンナと特に違う点は、1錠の服用で避妊効果を発揮してくれるということです。2錠目の飲み忘れを防げます。

さらに、1錠で服用が完了するタイプのアフターピルは2錠服用タイプとと比べると、吐き気などの副作用が比較的軽くなるよう改良がされています。アイピルのひと箱の価格帯は1500円前後が相場となっていて、内容量は1回の服用分1錠入りで阪販売されています。

エラについて

アフターピルのなかでもマドンナやアイピルと比べると、まだ歴史が浅いのがエラです。一番の特徴としては、性行為後の服用推奨期間が長いことでしょう。他製品は、だいたい72時間以内を推奨していますが、エラに関しては120時間にまでに引き伸ばされています。ただ、服用に関しては他製品と同様に早ければ早いに越したことはありません。

他製品と比べ使用効果の期間が長いため、価格相場は約5000円前後と少し高くなります。それは、ひと箱に1錠の1回分であることに変わりありませんが、それほど多量の女性ホルモンが含まれていることを意味しています。

3日以内使用が可能なようであれば、マドンナやアイピルなどの方が経済的であることが分かります。もし、3日以内に服用できなかった場合の応急処置として、エラを持っておくことも自分を守る一つの手段になるでしょう。

ノルレボについて

いろいろなピルのベースとノルレボ
アフターピルの入手経路として、輸入代行などのネット通販を使用するだけでなく、婦人科などでもアフターピルは処方していただけます。その際、処方されるのがこのノルレボ、ノルレボは日本で一番最初に承認されたアフターピルとなります。

ただ、産婦人科などでアフターピルを処方してもうら場合、保険が適用外となりますので最低でも1万円~医院によって薬の価格は変動しますので高いところになると2万円近い場合もあります。

実は女性に人気の高いアイピルの先発薬、つまりベースとなる薬がノルレボなのです。有効成分や効果がほぼ同じで、このノルレボの特許が切れたことから手軽に作れるアイピルがメジャーなアフターピルとして知られるようになったのです。

万が一の事態に備えるアフターピル

自分は大丈夫…と思っていても、女性ならば万が一の際に備えておきたいアフターピル。

みなさん複数箱の購入をされる理由として多くあげられのが、「薬の効果が出る前に吐き戻してしまって効果が期待できないから…」という意見がかなり多いようです。

初めてアフターピルを利用される方は、なるべく副作用を抑えたものから試してみるといいかもしれませんね。

製品ごとに、飲み方の違いや価格帯に若干の違いがあります。

また常備薬の毎日摂取されている方や、サプリメントも種類によっては飲み合わせが合わない商品などもありますので、しっかりと説明書に目を通し、可能であればかかりつけの婦人科などに相談、その後の経過をみてもらえると尚よいのではないのでしょうか。

女性の味方:アフターピル人気ランキング

アフターピルといっても、1回の服用で良いタイプと2回の服用に分ける必要があるタイプなどいろいろあります。何が違って、どれが良いの?と迷う方も多いのではないでしょうか。

それでは、ここで実際に人気のあるアフターピルについて紹介していきます!

アイピル

アイピルランキング広告

多くの病院で避妊薬として処方されている、ノルレボのジェネリック医薬品です。同じ有効成分レボノルゲストレルが1.5mg配合されていて、ほぼ同じ成分でインドのシプラ社によって製造されています。

その為、ノルレボとほとんど同じ効果を得られる上に安いことで人気です。また、1回の服用で良いという手軽さもアイピルが人気な理由の1つです。

マドンナ

マドンナのランキング広告

タイの製薬会社で製造された、ノルレボ錠のジェネリック医薬品であるマドンナ。

ただ、1錠に含まれる有効成分が0.75mgの配合のため、2回に分けての服用が必要になります。

海外で広く利用されているアフターピルの1つです。

避妊に失敗した後、72時間以内に1錠とそれからさらに12時間後にもう1錠を飲むことで高い確率で避妊できます。

エラ

エラのランキング広告

通常72時間以内の服用が望ましいアフターピルですが、このエラは120時間つまり5日以内の服用で約85%以上の避妊効果が期待できます。

その避妊効果は3日以内であれば、約95%以上とも言われています。

服用の制限時間が格段に伸びながらも、服用は1回で良いので飲み忘れてしまう心配もありません。

-アフターピルの知識

Copyright© アフターピルで緊急避妊|女性の味方 , 2017 AllRights Reserved.