アフターピルの負担

男性は女性がアフターピル服用時に思う気持ちを知っておいた方がいい

更新日:

愛し合う2人に言葉は要らない。そんな関係になれることは、とても素晴らしいことです。2人の中に充実したらコミュニケーションがあればある程、とても濃厚な関係を作り出すことができます。

男女の中では、心と身体のコミュニケーションを取るために、セックスもとても大事なことです。しかし、心配なのは妊娠してしまうこと。

避妊に失敗してしまった場合には、最後の手段としてアフターピルを使うという手があります。堕胎手術を受けるよりも、費用が安く済むアフターピル。しかし女性にとっては、とても不安を抱え込みやすい薬でもあります

妊娠するかもしれないという不安

花弁が散っている風景
セックスはとても精神的にも気持ちのいいことです。しかし、日頃からの避妊が失敗して、アフターピルを使用したとしても
まだまだ心配が残ってしまいます。

アフターピルは、受精卵が子宮の着床する前に、強制的に生理を起こさせる仕組みです。しかし、ちょっとアフターピルを服用したからといって、必ず生理が起こり妊娠が避けられるというものではありません。避妊率が100%ではないからです。

セックス後、どんなに長くても72時間以内にアフターピルを飲まないと効果がありません。その成功率は、約70%程度なのです。このようなことから女性の気持ちは、とても不安になってしまうのです。

「キチンと生理は来るだろうか?」男性の人は、彼女らの気持ちを理解してあげることから、とても大事なのです。

避妊でも副作用の懸念がある

この薬には大きな副作用があります。強引に生理を発生させてしまうのですから、ホルモンバランスが大幅に崩れてしまいます。そうなると、強い吐き気を催したり激しい腹痛を発することがあります。と言うより、ほぼ間違いなく副作用がでてくるものだとと言っても過言ではありません。

初めて服用する人は、この苦痛に悩まされることは間違いありませんし、アフターピル服用経験のある女性でも、抗体的な物はなく、利用する度に副作用に苦しめられるリスクがあるのです。
また、妊娠への不安も残されていますので、ますます身体と精神的のバランスを崩してしまうことになるのです。

男性は他人事だと思うことがある

少し離れて背中合わせに立つ男女
しかし、こんなに彼女が苦しんでいるにも関わらず、男性は全く無関心な気持ちで要るのではないでしょうか?「妊娠しなくて良かった。」と結果的に避妊が成功した時だけに、喜ぶ男性も少なくないはず。

この時にどれだけ女性が苦しんでいるか気持ちを察していられるのでしょう?セックスをする2人の間には、必ず男性側の支えもあってこそ、本当のコミュニケーションです。

「ちゃんとゴムを付けてたよ。」コンドームを付けて避妊をしっかりとしていたとしてと、行為中に抜けてしまったり、破けてしまうことさえあります。コンドームでも、避妊率は完全ではないのですから。

この時の男性の姿勢や日頃の気持ちが、よく出てくるのです。「妊娠したなら、困る。」とオタオタとした行動を取ったり、急に冷たくなる男性は本当のパートナーではありません。本当に女性の気持ちを理解してくれる人であれば、妊娠の心配も去ることながら、彼女の体調と心の支えとなることなるでしょう。

それが大事なのです。

避妊に成功!それでも副作用の心配あり

アフターピルを飲んで、何とか生理が来ました。「これで妊娠は避けられた。良かった。」と思う気持ちは男性として本音の部分だと思います。
しかし、本当の意味で安心できるのは、女性の人が肉体的にも精神的にも安定した時です。  アフターピルは、半ば強引に生理を起こさせる強い薬です。

普段使う低用量ピルとは異なり激しい副作用が出てきますが、この時のホルモンバランスの崩れが、ずっと長引く可能性もあるのです。ただでさえ毎月訪れる生理痛に悩まされる女性の気持ちは、男性には理解しきれないことです。

その苦しみがより大きく長く続いてしまうのです。生理不順が数カ月も続きら正常な状態に戻るまでに、女性は大きな精神的な負担を強いられてしまうのです。

女性が感じるアフターピル服用時の不安を男性にも知っていてほしい

1人で夕暮れの海辺に立つ女性
「普段から避妊をしていなくて、アフターピルを飲めば、避妊は可能だ。」「コンドームが破けたからと言って、妊娠を心配するなら、アフターピルを飲めばいいじゃない。」と安直に考えることは、絶対にしてはなりません。

成功率が100%ではないこともありますし、女性にどれだけの負担をかけているかも理解しておくことがとても大事です。アフターピルを飲むことで、何とか生理が来たことで避妊が成功したとしても、その結果、肉体的にも精神的にもとても辛い状態になってしまっている可能性もあります。

そして、その後もしばらくは体調を崩してしまい、しばらくは不安定な状態画続くのです。このようなことで苦しむことを理解すると、アフターピルは本当に最後の手段であって、日頃から、キチンとした避妊と取ることと、薬の服用中も含めて彼女への最大限のフォローが必要なのです。

女性の味方:アフターピル人気ランキング

アフターピルといっても、1回の服用で良いタイプと2回の服用に分ける必要があるタイプなどいろいろあります。何が違って、どれが良いの?と迷う方も多いのではないでしょうか。

それでは、ここで実際に人気のあるアフターピルについて紹介していきます!

アイピル

アイピルランキング広告

多くの病院で避妊薬として処方されている、ノルレボのジェネリック医薬品です。同じ有効成分レボノルゲストレルが1.5mg配合されていて、ほぼ同じ成分でインドのシプラ社によって製造されています。

その為、ノルレボとほとんど同じ効果を得られる上に安いことで人気です。また、1回の服用で良いという手軽さもアイピルが人気な理由の1つです。

マドンナ

マドンナのランキング広告

タイの製薬会社で製造された、ノルレボ錠のジェネリック医薬品であるマドンナ。

ただ、1錠に含まれる有効成分が0.75mgの配合のため、2回に分けての服用が必要になります。

海外で広く利用されているアフターピルの1つです。

避妊に失敗した後、72時間以内に1錠とそれからさらに12時間後にもう1錠を飲むことで高い確率で避妊できます。

エラ

エラのランキング広告

通常72時間以内の服用が望ましいアフターピルですが、このエラは120時間つまり5日以内の服用で約85%以上の避妊効果が期待できます。

その避妊効果は3日以内であれば、約95%以上とも言われています。

服用の制限時間が格段に伸びながらも、服用は1回で良いので飲み忘れてしまう心配もありません。

-アフターピルの負担

Copyright© アフターピルで緊急避妊|女性の味方 , 2017 AllRights Reserved.