アフターピルの効果

アフターピルで失敗することってある?失敗する原因8つ

更新日:

アフターピルは、セックスの直後に飲むことで事後避妊効果が期待できるお薬です。

避妊をしそこなってもアフターピルを扱っている病院や通販サイトで錠剤を購入すればすぐに服用できる優れものですが、正しい服用をしないと失敗する可能性も十分にあります。

失敗して無計画な妊娠をしてしまわないように、正しい服用方法と失敗するケースを頭に入れておきましょう。

アフターピルを正しく服用するには

アフターピルは避妊に失敗した際に緊急で服用する薬剤です。通常避妊に失敗したセックスの72時間以内に服用します。

錠剤によって服用する回数が異なり、プラノバール錠の場合は1回で2錠を服用し、その12時間後に再び2錠を服用します。ノルレボ錠では1錠を1回のみ服用します。

薬の成分を無駄にしないために、水と一緒に服用することが大切です。

アフターピルで避妊に失敗することはあり得る?

事後避妊効果があるとは言え、その確率は100%ではありません。飲むタイミングによって成功する確率が変わり、飲むまでの時間が短ければ短いほど成功率は高まります。

たとえば、12時間以内に飲んだ場合の成功率は99.5%で、これはWHO(世界保健機関)の調査で明らかになっています。24時間以内で98.5%、36時間以内で98.2%と時間の経過とともに成功率が減少していくのです。

このように、正しい服用をしたからといって、必ず避妊が完了するとは限りません。

アフターピルで失敗する時ってどういう時?

アフターピルの失敗事例

アフターピルを飲んでも事後避妊ができないケースには、どのような事例があるのでしょうか。

ケース① 嘔吐してしまった

飲んで2~3時間後に、副作用による吐き気や嘔吐が起こることがあります。ノルレボ錠ではこのような副作用はあまり起こりませんが、プラノバール錠ではよく発症するとされています。

2~3時間以内に吐き出してしまうと、成分がきちんと体内に吸収されていない可能性が高く、避妊効果が薄まり妊娠してしまう恐れがあるのです。

仮に吐き出してしまった場合には、すぐにかかりつけの病院に連絡して指示を仰いでください。

ケース② 飲み忘れた

原則72時間(3日)以内に飲むことと決められていますが、120時間(5日)以内であっても60%程度の確率で避妊に成功すると言われています。しかし、12時間以内の99.5%と比較すると、やはり妊娠してしまう確率は格段に上がってしまいます。

また、プラノバール錠で2回目の服用時間を予定より大幅に遅れてしまった場合も、十分な効果が得られずに失敗することもあるのです。2回目の服用時間が深夜の時間帯で、すでに寝てしまっていたというケースが考えられます。

少しでも妊娠する可能性を下げられるように、服用時間の制限をきっちり守ることが大切です。

ケース③ 服用直後にセックスした

薬剤を摂取した後に再度性交渉を行うと、効果が発揮される前に妊娠してしまう可能性があります。

ノルレボ錠の場合、排卵日が遅れることがあるため、次の性交渉で妊娠してしまう恐れがあるのです。

せっかく服用したのに、次のセックスで妊娠してしまわないように、出血があるまでは性交渉を控えるようにしましょう。

ケース④ 服用時にすでに妊娠していた

事後避妊の効果を持つアフターピルですが、すでに妊娠(着床が完了)している場合は妊娠継続を絶つことはできません。

妊娠しているかもしれないと心当たりがある場合は、服用する前に妊娠検査薬を試すか、産婦人科で妊娠検査を行うことをおすすめします。仮に妊娠している状態で飲んでしまうと、母体にかなりの負担がかかる恐れがあるからです。

ケース⑤ 医師の指導が誤っていた

これは稀なケースですが、病院で処方してもらう際に医師の指導が間違っていることで、服用方法を誤ってしまうこともあるようです。

アフターピルについての知識が浅い医師や病院で処方してもらう場合は、このようなリスクが伴うため、自分自身でも服用方法を調べてみることをおすすめします。

ケース⑥ 外国語表記を正しく理解していない

通販で購入した場合、外国からの発送になるため、箱に記載されている文言がすべて外国語になっています。

記載されている外国語を理解できないと、誤った服用をしてしまう恐れがあります。

これを未然に防ぐために、日本語で掲載されている通販サイトを利用すると良いでしょう。サイト内に服用方法や注意事項などを細かく記載しているサイトであれば、なお良いです。

ケース⑦ 飲み合わせてはいけない薬を飲んだ

抗生物質や喘息の薬など、アフターピルと飲み合わせてはいけない薬剤があります。

このことを知らずに飲み合わせが悪い薬を併用してしまうと、効果が十分に発揮されずに失敗する恐れがあります。

服用する前に、必ず飲み合わせて問題ないかどうかチェックするようにしましょう。

ケース⑧ 子宮外妊娠

子宮内膜に着床するはずの受精卵が、子宮内膜の外に根を張って妊娠が成立することを子宮外妊娠と呼びます。

子宮外妊娠にはアフターピルの効果は発揮されません。

この中で圧倒的に多いのは、ケース①の嘔吐と②の飲み忘れです。副作用が比較的少なく、1回の服用で良いとされているノルレボ錠なら、これらの失敗を回避することができるでしょう。

失敗したかどうか判断するには?

アフターピルで失敗したかどうかの判断方法

アフターピルを服用したにも関わらず、事後避妊に失敗した場合はどのように判断することができるのでしょうか。

消退出血を確認

アフターピルで避妊が完了した場合、服用から3日~3週間ほどで消退出血と呼ばれる不正出血があります。これは、薬剤の作用によって子宮内膜(子宮の壁)が剥がれたことによるものです。

3週間を経過しても消退出血や生理と思われる出血がない場合は、失敗している可能性が考えられます。ただし、子宮内膜がもともと薄くて避妊に成功していても出血が起こらないこともあるようです。

妊娠検査薬を使用する

妊娠検査薬は、通常生理予定日の1週間後以降から使用可能です。尿中のホルモン量で妊娠の有無を自宅で簡単に判断できます。

陽性反応が出た場合は妊娠している可能性が高いため、アフターピル服用後に妊娠しているかもしれないと不安な場合は、一度試してみるとよいでしょう。

病院で妊娠検査を受ける

全国の産婦人科やレディースクリニックでは、妊娠検査を実施しています。生理開始予定日から1~2週間以降に受けることができ、市販の妊娠検査薬と同じように尿検査を行います。

市販の妊娠検査薬でも正確に妊娠の有無を見ることができますが、胎児の心拍確認や感染症の検査など、より詳しく調べてくれるでしょう。

本来ならアフターピルを飲まざるを得ない状況を作らないことが大切ですが、コンドームが破れたり避妊なしのセックスを強要されたなど、思わぬアクシデントは起こりえます。

望んでいない妊娠を防ぐには、アフターピルを決められた時間内に正しく服用することが求められます。

避妊が失敗する要因を少しでも減らすことで、より確実に妊娠を避けることができるでしょう。

女性の味方:アフターピル人気ランキング

アフターピルといっても、1回の服用で良いタイプと2回の服用に分ける必要があるタイプなどいろいろあります。何が違って、どれが良いの?と迷う方も多いのではないでしょうか。

それでは、ここで実際に人気のあるアフターピルについて紹介していきます!

アイピル

アイピルランキング広告

多くの病院で避妊薬として処方されている、ノルレボのジェネリック医薬品です。同じ有効成分レボノルゲストレルが1.5mg配合されていて、ほぼ同じ成分でインドのシプラ社によって製造されています。

その為、ノルレボとほとんど同じ効果を得られる上に安いことで人気です。また、1回の服用で良いという手軽さもアイピルが人気な理由の1つです。

マドンナ

マドンナのランキング広告

タイの製薬会社で製造された、ノルレボ錠のジェネリック医薬品であるマドンナ。

ただ、1錠に含まれる有効成分が0.75mgの配合のため、2回に分けての服用が必要になります。

海外で広く利用されているアフターピルの1つです。

避妊に失敗した後、72時間以内に1錠とそれからさらに12時間後にもう1錠を飲むことで高い確率で避妊できます。

エラ

エラのランキング広告

通常72時間以内の服用が望ましいアフターピルですが、このエラは120時間つまり5日以内の服用で約85%以上の避妊効果が期待できます。

その避妊効果は3日以内であれば、約95%以上とも言われています。

服用の制限時間が格段に伸びながらも、服用は1回で良いので飲み忘れてしまう心配もありません。

-アフターピルの効果

Copyright© アフターピルで緊急避妊|女性の味方 , 2017 AllRights Reserved.