アフターピルの購入

通販と病院でアフターピルを購入するメリット・デメリット

更新日:

結婚や子づくりを考えていない時期なのに避妊なしでセックスしてしまった、コンドームが破損してしまったなど、妊娠してしまったかもしれない時に助け舟となるのが、アフターピルです。

海外では薬局などで気軽に手に入れることができるアフターピルですが、日本では医師の処方がないと購入することができないのです。ただし、通販サイトを通して外国から取り寄せることが可能です。

病院で処方してもらうのと通販サイトで購入するのは、それぞれメリット・デメリットがあります。自分の都合に合った購入方法で、安心・安全にアフターピルを購入しましょう。

アフターピルを購入する方法は2つ

アフターピルの購入方法

病院からの処方

病院でアフターピルを処方してもらう場合は、婦人科またはレディースクリニックを受診します。すべての婦人科・レディースクリニックが取り扱っているわけではないた、事前にネットなどで調べておく必要があります。

アフターピルの処方は自由診療に当たるため、健康保険が適用されません。ただし、診療内容によっては保険が適用されることがあり、また本人確認として提示を求められることがあるため、持っていくようにしましょう。

医師から処方にあたっての問診が行われ、問題ないと判断された際にアフターピルが処方されます。持病や生活習慣によっては処方できないことがあります。真実を隠して処方してもらっても、万が一のことが起こった場合は自分の責任になるため、医師からの質問には正直に答えましょう。

なお、受診は原則アフターピルを使用する本人が受ける必要があります。しかし、最近では特定の曜日のみ男性にもアフターピルを処方しているクリニックがあるようです。

通販サイトからの購入

日本国内では薬事法により、医師の処方なしでアフターピルを販売することは許されません。アフターピルを販売しているサイトが存在しますが、そのすべてが海外から日本に発送しているのです。

アフターピルを販売している通販サイトは数多く存在しますが、販売業者によって届くまでの日数や取り扱っている薬の種類などが異なります。

必ず使用する本人が購入手続きを行わないといけない訳ではなく、代理で購入することも可能です。

病院と通販サイト、それぞれのメリット・デメリット

メリットとデメリット

病院で処方してもらう際のメリット

・医師の指導を受けられる
・相談ができる
・必要に応じて診療を受けられる
・偽薬を渡される心配がない

病院では、服用方法や注意事項、副作用などアフターピルについての情報を教えてくれるため、あまり知識のない方でも安心して服用することができます。

避妊についての相談などもその場でできるので、今後の避妊方法を考える良いきっかけとなります。

通常は問診のみで処方されるのですが、医師が必要だと判断した場合に診療を受けることができます。気づかなかった病気などを発見できるかもしれません。

また、通販サイトの中には偽物のアフターピルを送ってくる業者がいるようです。偽薬は避妊の効果がないだけでなく、人体にとって有害な成分が含まれている可能性も否定できません。病院で処方される錠剤は安全が保証されているため、安心して服用できるでしょう。

病院で処方してもらう際のデメリット

・待ち時間がかかる
・必要なときに開いていない可能性がある
・まとめ買いができない
・料金が高い

アフターピルをもらいに病院を受診すると、時間や曜日によっては立て込んでいることがあります。待ち時間だけで1~2時間かかるということも十分予想しておいた方が良いでしょう。

また、婦人科やレディースクリニックの多くは、日曜日や祝日を休診日としています。連休が続いているときにアフターピルの必要性が出てきたときに、受診できないまま72時間が経過してしまうかもしれません。

病院では、原則1回の受診で1回分のアフターピルしか処方されません。今後のために常備しておきたいと思っても、今回の分しかもらえないため、次に必要になった時に再度受診する必要があるのです。

アフターピルの処方では保険が適用されず、また薬代の他にも診療代などがかかるため、通販サイトで購入するよりも高くついてしまいます。

通販サイトで購入する際のメリット

・病院へ行く手間が省ける
・料金が比較的安い
・まとめ買いができる
・家族や周りの人に気づかれにくい

通販サイトでは、パソコンやスマホを操作して購入手続きを行うため、病院へ足を運ぶ手間が省けます。また、料金も薬代と送料代のみであり、その価格は病院で処方を受けた時の10~20%程度です。

今後また必要になった時のために、1回の購入で複数まとめて買うことができます。まとめ買いで割引が効いてさらに安くなったという話も多く訊きます。

通販サイトでは購入者のプライバシーに配慮して、中身が何なのかわかりにくい箱で送られてきます。一緒に住んでいる人が代わりに荷物を受け取ったとしても、中身がわからないため、プライバシーを確保することができます。

通販サイトで購入する際のデメリット

・届くまでに時間がかかる
・詐欺にあう可能性がある
・外国語表記を理解する必要がある

通販サイトは病院よりも低価格で購入できる一方で、外国からの発送であるため、届くまでに日数がかかります。中には3日以内でお届けすると謳っているサイトもありますが、タイミングが悪ければ3日を過ぎてしまう可能性が十分にあります。

通販サイトの中には悪質な業者も存在しており、支払いが完了したにも関わらず発送してくれないというケースもあるようです。また、偽薬が入っている可能性も否定できません。

外国からの発送になるため、薬剤の箱に記載されている文章は外国語です。外国語を理解していない方にとっては、少し不安が残るかもしれません。

結局どっちがいいの?

アフターピルの購入、どっちがいいの?

病院と通販サイト、それぞれのメリットとデメリットを挙げましたが、ご自分の都合に合った方法で購入するのが一番です。

ただし、アフターピルを取り扱っている病院は現状少なく、地方だと家の近所にまったくないということもあるでしょう。さらに、今後もまた必要になった時にその都度病院に足を運ぶのは気が引けるかもしれません。

通販サイトは届くまでに日数がかかったり詐欺にあったりする心配がありますが、それほど緊急を要する状況ではなく、かつ信頼できるサイトからまとめて購入するのであれば、メリットの方がはるかに大きいといえます。

女性の味方:アフターピル人気ランキング

アフターピルといっても、1回の服用で良いタイプと2回の服用に分ける必要があるタイプなどいろいろあります。何が違って、どれが良いの?と迷う方も多いのではないでしょうか。

それでは、ここで実際に人気のあるアフターピルについて紹介していきます!

アイピル

アイピルランキング広告

多くの病院で避妊薬として処方されている、ノルレボのジェネリック医薬品です。同じ有効成分レボノルゲストレルが1.5mg配合されていて、ほぼ同じ成分でインドのシプラ社によって製造されています。

その為、ノルレボとほとんど同じ効果を得られる上に安いことで人気です。また、1回の服用で良いという手軽さもアイピルが人気な理由の1つです。

マドンナ

マドンナのランキング広告

タイの製薬会社で製造された、ノルレボ錠のジェネリック医薬品であるマドンナ。

ただ、1錠に含まれる有効成分が0.75mgの配合のため、2回に分けての服用が必要になります。

海外で広く利用されているアフターピルの1つです。

避妊に失敗した後、72時間以内に1錠とそれからさらに12時間後にもう1錠を飲むことで高い確率で避妊できます。

エラ

エラのランキング広告

通常72時間以内の服用が望ましいアフターピルですが、このエラは120時間つまり5日以内の服用で約85%以上の避妊効果が期待できます。

その避妊効果は3日以内であれば、約95%以上とも言われています。

服用の制限時間が格段に伸びながらも、服用は1回で良いので飲み忘れてしまう心配もありません。

-アフターピルの購入

Copyright© アフターピルで緊急避妊|女性の味方 , 2017 AllRights Reserved.