アフターピルの知識

アフターピルが作られた理由

更新日:

ピルのもとになる成分を調べている
女性にとって妊娠することはある意味、憧れかもしれません。欲しかった子供を授かることになるからです。少子化と呼ばれる時代にあって、高齢出産も厭わない女性が増えています。

一方で、妊娠を拒む人も少なくありません。男女の間でセックスは尊いコミュケーションの1つです。1つの愛の形でもあります。
しかし、夫婦間でも家族計画を考えたり許されない愛の中では、妊娠を避けるために避妊を考えます。避妊策と言えば、普通はコンドームを男性が装着したり、低用量ピルを服用します。

それでも、避妊に失敗することもあります。このような理由から、何らかの手段で妊娠を避ける必要が出てきます。その時に大きな支えとなるのがアフターピルなのです。
では、アフターピルとは、一体、どんな理由から生まれてきたのでしょうか?また、このピルはどんなものでしょうか?

現在のアフターピル(緊急避妊薬)とは?

普段から避妊を理由に、女性が使っているピルは低用量ピルと呼ばれるものです。ホルモンの含有量が少ない物ですが、アフターピルは、もう少し女性ホルモンの含有量が多い物です。これは避妊が失敗した時に72時間以内の服用で効果が出てきます。

受精卵が子宮内膜に着床する前に人工的に生理を起こして、妊娠を避けるのです。このピルは、避妊を避ける最後の手段を言われている程、期待が大きい避妊薬なのです。
反面、アフターピルを使う時には、心配事もあります。それは、副作用を伴うことですが、腹痛や頭痛、吐き気を催すことです。

とは言え、当初開発された高容量ピルから比べて、現在、多く利用されているアフターピルのノルレボは、その影響がかなり軽くなり改善されています。

ピルは山芋に含まれる成分をベースに作られた

山芋の植物性ステロイドが良い
ピルは、一般的には避妊薬というイメージが先行していますが、生理痛薬をして開発された経緯があります。アメリカで山芋の中に含まれている植物性のステロイドが生理痛を和らげる効果があることが発見されました。

これが生理痛薬として開発されたのですが、避妊の効果があることも分かり、経口避妊薬としてのピルが作られた理由なのです。

高用量ピルから始まり、中用量ピルや低用量ピルが作られた

この時に作られたピルは高用量ピルでした。大量の女性ホルモンが含まれています。そのために、激しい腹痛や吐き気、むくみ、下痢を伴います。このような状態を避けるために、中用量・低用量のピルが開発されました。

これは、含有ホルモンを少なくしている物です。これによって、避妊薬としてのピルの認知度が利用頻度が高まってきたわけです。

2つの女性ホルモンの働きに注目

2つの黄色いハイビスカス
女性ホルモンには、2つのホルモンがあります。エストロゲンとプロゲステロンです。エストロゲンは、女性らしさを作るホルモンです。思春期の時から分泌されるのですが、胸の膨らみや女性らしいふくよかな身体を作ります。また、子宮内膜を厚くする働きもします。

一方のプロゲステロンは、体内の水分を整えたり、食欲増進を支えたりしますが、受精卵の着床をしやすくする働きも行います。この2つのホルモンは、女性の生理周期のサイクルの中で分泌するのです。生理が起きた1日目〜7日目くらいの期間は、女性ホルモンの分泌は少なくなります。

それ以降は次第に分泌量が増えてきます。13日〜15日目には、エストロゲンの分泌が多くなってきて、子宮内膜の厚みを増してきます。そして、20日目以降にプロゲステロンが増えてきて、妊娠の準備を行うのです。しかし、妊娠しなかった場合には、両方のホルモンの分泌が少なくなり、生理が起こることになるのです。

妊婦さんのお腹
排卵から妊娠の仕組み、そして避妊

きちんと考えずに避妊をしなかった、避妊をしたけど失敗してしまったことなどが原因で妊娠する可能性が高まります。そもそも妊娠は一体どのように、成立するのでしょうか。女性の身体の仕組み、排卵から妊娠に至るま ...

続きを見る

避妊に特化したアフターピルが作られた理由

白い錠剤
アフターピルは、このような女性ホルモンの特性を活かした物です。作られた理由は、高用量ピルの副作用が強すぎたことにあるのですが、可能な限り、その副作用を軽くした中容量のピルが用いられます。それが、アフターピルなのですが、その仕組みは妊娠の準備を整えるプロゲステロンを人工的に作り出します。

そうなると、身体からのプロゲステロンの分泌が止まることで、生理を強制的に発生させるわけです。これは、避妊を失敗した時に緊急避難的に行う最後の手段とも言えるのです。これもまた、アフターピルが必要な理由でもあります。

また、その服用は最長でも72時間以内の服用が必要ですし、高用量ピルよりは、含有ホルモン量が少ないとはいえ、同様の吐き気や嘔吐感があります。
したがって、このピルを服用する理由はあるものの、普段からコンドームの利用や低用量ピルの常用を習慣づけておくことが大切なのです。

妊娠することで喜ぶ女性もいる反面、困る人も少なくありません。中絶となると、肉体的が負担はもとより精神的な負担も大きくなってきます。このようなことから、通常からキチンを避妊することも心掛けておくことが大事です。

それでも失敗した時、最後に使用するのがアフターピルと考えておくべきです。これこそ、アフターピルの本当の発生の理由かもしれません。

女性の味方:アフターピル人気ランキング

アフターピルといっても、1回の服用で良いタイプと2回の服用に分ける必要があるタイプなどいろいろあります。何が違って、どれが良いの?と迷う方も多いのではないでしょうか。

それでは、ここで実際に人気のあるアフターピルについて紹介していきます!

アイピル

アイピルランキング広告

多くの病院で避妊薬として処方されている、ノルレボのジェネリック医薬品です。同じ有効成分レボノルゲストレルが1.5mg配合されていて、ほぼ同じ成分でインドのシプラ社によって製造されています。

その為、ノルレボとほとんど同じ効果を得られる上に安いことで人気です。また、1回の服用で良いという手軽さもアイピルが人気な理由の1つです。

マドンナ

マドンナのランキング広告

タイの製薬会社で製造された、ノルレボ錠のジェネリック医薬品であるマドンナ。

ただ、1錠に含まれる有効成分が0.75mgの配合のため、2回に分けての服用が必要になります。

海外で広く利用されているアフターピルの1つです。

避妊に失敗した後、72時間以内に1錠とそれからさらに12時間後にもう1錠を飲むことで高い確率で避妊できます。

エラ

エラのランキング広告

通常72時間以内の服用が望ましいアフターピルですが、このエラは120時間つまり5日以内の服用で約85%以上の避妊効果が期待できます。

その避妊効果は3日以内であれば、約95%以上とも言われています。

服用の制限時間が格段に伸びながらも、服用は1回で良いので飲み忘れてしまう心配もありません。

-アフターピルの知識

Copyright© アフターピルで緊急避妊|女性の味方 , 2017 AllRights Reserved.