アフターピルの購入

アフターピルが必要になる緊急時とは

投稿日:

性行為後に飲むだけで避妊効果を発揮してくれるアフターピルなので、コンドームなどで避妊しなくても、終わってから飲めばそれでいいと考える女性もなかにはいるでしょう。

しかし、そんな快楽だけを優先した性行為のために作られたわけではありません。本来は、女性の緊急事態の為に作られたものなのです。
妊娠をする覚悟もなく、環境も整っていないことで妊娠したら困る状況に追い込まれてしまう方の対処法としてアフターピルがあります。

緊急避妊薬とも呼ばれるアフターピルですが、その「緊急」とは一体どんな状況が当てはまるのでしょうか。何故そんな状況になるのか、についても考えてみましょう。

避妊したけど失敗してしまった時

落ち込む女性
特に多いのが、避妊をしたけど失敗した、きちんと出来ていないかもしれないという状況に陥ることです。そもそも、避妊方法としてよく知られているのはコンドームという男性器に装着して膣内に精液の侵入を防ぐ方法です。

しかし、その方法はコンドームが外れたり破れたりしては意味がありません。行為をして、終わった後にコンドームが膣内に残されていたということも、もちろんあります。そうなると、中で精液が漏れ出している可能性もあるので避妊の確率も下がってしまいます。

また、挿入する時やしている時だけ装着していればそれでいいと考えている人もいるようですが、そうではありません。

我慢汁(カウパー)に精子が混入することもある

我慢汁で妊娠した、という事例もありますが本来は、我慢汁に精子は無い状態が正しいのです。しかし、稀に射精前に精子が飛び出して我慢汁とともに排出されることがあるので、妊娠に至ってしまうことがあるといえます。

このことから、コンドームをしない状態でも避妊の為に外出しをしているという男女にも、妊娠の可能性は十分にあるといえます。逆をいえば我慢汁が出る以上、性行為をする時はいつ妊娠をしてもおかしく無い状況であることを改めて認識しましょう。

外出し程度では、避妊方法としては不十分であることが分かります。

男性が避妊してくれなかった時

ショックを受ける女性
そして、お酒を飲んで酔った勢いや流れに任せて、避妊をせずにしてしまうこともあるでしょう。または、女性側が避妊を望んでも低用量ピルなどを飲んだりしていない以上は男性の避妊に頼るしか方法はありません。

しかし、気持ちよさを優先して避妊をしない男性も少なくないのです。それが酔った状態などであれば、なおさら理性を飛ばしやすいので「避妊」のことなど考えずに行為をしてしまう人もいます。

でも妊娠したら、責任逃れをする男性もゼロではない

信頼している彼や旦那さんなら心配は無いかもしれませんが、知り合ったばかりの彼と・・・なんてことがあって妊娠が分かった時には「俺の子じゃない」なんていう言葉を投げかけられたり、認知をしない男性もいます。

女性自身でも妊娠はそんな簡単にしない、と考えている人がいるかもしれませんが、避妊をしない状態だと2割程度は妊娠をする可能性があることを覚えておきましょう。危険日を確認していたとしても、それはあくまで目安なのでズレが生じてもおかしくないのです。

性行為をして、避妊をしなかったり失敗した後には女性は自身の身体に、命を授かる可能性があるわけですから簡単に「妊娠」から逃れることはできません。しかし、男性は連絡を絶ったり、認知をしないという選択をするだけで責任逃れが出来てしまいます。

強姦等の事件に巻き込まれた時

暗い通りに怪しい影
最悪な状況としては、事件に巻き込まれることです。女性である以上、強姦などによって妊娠の可能性があることも忘れてはいけません。「自分に起きるわけが無い」という気持ちは女性の誰もが持っているもので、いつ標的になってしまうか分かりません。

犯人は、ただ欲を満たす為に法を犯している以上避妊をすることなどは、まず無いでしょう。

「望んでない妊娠の可能性がある」という緊急事態にアフターピル

これらは全て、女性が緊急事態に追い込まれる状況だといえるでしょう。望んでいない妊娠をする可能性がある、なかで唯一性行為後にとれる対処法がアフターピルを飲むことなのです。

避妊手術をしたり、コンドームを装着したり、避妊手術を受けるなど事前に出来ることは色々ありますが、性行為後に出来ることはアフターピル以外には無いのです。

中絶を避妊と同じことだという人もなかにはいますが、中絶は妊娠が発覚した後にその成長を止めて体外へ排出する行為です。産まれてくるはずの命を奪うことになるので精神的・身体的な負担にも大きな差があることを知っておきましょう。

避妊は、そうならない為に妊娠を防ぐことなのです。日頃から、しっかり低用量ピルを飲んでいる人でも飲み忘れをしてしまった場合、避妊効果が失われることになってしまいます。そんな時にも、アフターピルがあれば強制的に生理を起こすことで、妊娠を防ぐ働きをしてくれるので備えておいて、損はありません。

女性の味方:アフターピル人気ランキング

アフターピルといっても、1回の服用で良いタイプと2回の服用に分ける必要があるタイプなどいろいろあります。何が違って、どれが良いの?と迷う方も多いのではないでしょうか。

それでは、ここで実際に人気のあるアフターピルについて紹介していきます!

アイピル

アイピルランキング広告

多くの病院で避妊薬として処方されている、ノルレボのジェネリック医薬品です。同じ有効成分レボノルゲストレルが1.5mg配合されていて、ほぼ同じ成分でインドのシプラ社によって製造されています。

その為、ノルレボとほとんど同じ効果を得られる上に安いことで人気です。また、1回の服用で良いという手軽さもアイピルが人気な理由の1つです。

マドンナ

マドンナのランキング広告

タイの製薬会社で製造された、ノルレボ錠のジェネリック医薬品であるマドンナ。

ただ、1錠に含まれる有効成分が0.75mgの配合のため、2回に分けての服用が必要になります。

海外で広く利用されているアフターピルの1つです。

避妊に失敗した後、72時間以内に1錠とそれからさらに12時間後にもう1錠を飲むことで高い確率で避妊できます。

エラ

エラのランキング広告

通常72時間以内の服用が望ましいアフターピルですが、このエラは120時間つまり5日以内の服用で約85%以上の避妊効果が期待できます。

その避妊効果は3日以内であれば、約95%以上とも言われています。

服用の制限時間が格段に伸びながらも、服用は1回で良いので飲み忘れてしまう心配もありません。

-アフターピルの購入

Copyright© アフターピルで緊急避妊|女性の味方 , 2017 AllRights Reserved.