避妊

緊急避妊!ピルが持つ効果を最大限に発揮させる方法

投稿日:

ピルの効果を最大限に発揮するイメージ画像
「ここままじゃ、妊娠するかもしれない・・・」そんな状況になってしまったことは、ありませんか。

いますぐに避妊したい、でもそんなことができる方法なんて知らないという女性も多いのです。

その方法とは、緊急避妊といってピルを服用することです。しかし、ピルといっても女性が生理不順や生理痛の改善の為に飲んでいる種類ではなく、アフターピルと呼ばれるものを指します。

アフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれていて、名前の通り緊急時に服用することで高い避妊効果を発揮してくれるのです。

ただし飲み方を誤ってしまうと、せっかくの効果は発揮されないまま妊娠に至ってしまう可能性もあります。

予想外の妊娠をして後悔する前に、緊急避妊ができるピルの効果を最大限に発揮させる方法を知って、その時に備えましょう。

緊急避妊ができるアフターピルとは

アフターピルには、女性ホルモンに似た働きをする成分が配合されています。

そんなアフターピルを服用することで、急激に体内のホルモンバランスが変化して排卵後によく似た状況になるのです。

そして成分の吸収が終わると、子宮内膜を厚い状態で保つ働きをするホルモンの分泌停止と脳は判断されて、子宮内膜は剥がれ落ちて経血となって体外へ排出されます。

つまり体内のホルモンバランスがどういう状態であっても、強制的に生理を引き起こす働きを持っているのです。

ただし、それほど高い効果を持っているということはその分ホルモンバランスを大きく変化させるので、身体への負担も大きいことは理解しておきましょう。

緊急避妊をするためには身体への負担がかかりますが、セックスの後にできる避妊方法はアフターピルの服用だけといえます。

避妊できるピルは他にもある

ピルの種類がいくつかある様子
緊急時に効果を発揮するのはアフターピルだけですが、他にも避妊に役立つピルは存在するのです。

それは低用量ピルと呼ばれていて、生理痛や生理不順の改善にも効果を発揮します。ただ、毎日の服用を続けることで体内のホルモンバランスが安定した状態で保たれて、妊娠している時と同じ状況が作り出されるのです。

こうして疑似的な妊娠状態にすることで、排卵や子宮内膜増殖の抑制・精子の子宮頸管侵入や受精卵の着床阻害などの作用が働きます。

アフターピルとは違い、毎日の服用によって低用量ピルの避妊効果は持続されるので、身体への負担も軽く済むのです。

また飲み忘れなく服用が継続できていれば、排卵の抑制作用が働いて約99%の確率で避妊は成功するともいわれています。

このようにしっかり避妊をしていきたいと考えている女性には、低用量ピルの服用がおすすめです。

緊急避妊を成功させる方法

レイプされた、酔った勢いで避妊せずに(生のまま)してしまった、コンドームをしたけど破れてしまった、取れて(外れて)しまった、低用量ピルを飲み忘れた、などさまざまな理由から緊急避妊が必要になる場合もあります。

そんなときアフターピルを飲めば、いつでも高い効果を発揮してくれるわけではありません。実はセックスをしてから72時間以内に飲まなければ、成功率は低くなってしまうのです。

アフターピルの避妊成功率というと、72時間以内の服用で約75%そして24時間以内の服用で約95%といわれています。

早ければ早いほど高い効果が得られると言われているので、セックスの後すぐに服用することがおすすめです。

そして飲み方にも1錠の服用だけで良いノルレボ法と1錠服用して12時間後にもう1錠服用するヤッペ法も2つの方法がありますが、いずれも正しい方法で服用しましょう。

セックス後アフターピル服用による経過時間別の避妊成功率を人数に置き換えて、失敗する確率にしてみると72時間以内なら約4人に1人の割合で24時間以内なら約20人に1人の割合で避妊に失敗するということです。

経過時間以外に緊急避妊が失敗してしまう理由について、紹介します。

緊急避妊が失敗してしまう理由

手でバツを作っている女性
時間が経てば経つほどに失敗率は高くなってしまいますが、時間以外にも失敗の可能性を高めてしまうことがあるのです。

それは、飲み忘れや服用後に嘔吐したけど対処していないなどさまざまな原因があります。これらの理由は、飲み方などを確認していれば避けられることです。

ただしアフターピルを服用した時点で妊娠していた場合は、例外となるので注意しましょう。中絶薬では無いので、妊娠後にアフターピルが効果を発揮することはありません。

ピルでの避妊を失敗させないためにできること

アフターピルはセックスの後に女性がおこなえる、最終手段の緊急避妊法です。もちろん100%避妊できると言うわけではありませんが、高い効果を得るために出来ることがあります。

それはピルでの避妊を失敗させないために、ピルのことや正しい飲み方について理解すること・そして何かあった時の対処法を確認しておくことです。

アフターピルの服用後はしっかりと避妊成功したかどうかの確認を妊娠検査薬などでおこなうことをおすすめします。

女性の味方:アフターピル人気ランキング

アフターピルといっても、1回の服用で良いタイプと2回の服用に分ける必要があるタイプなどいろいろあります。何が違って、どれが良いの?と迷う方も多いのではないでしょうか。

それでは、ここで実際に人気のあるアフターピルについて紹介していきます!

アイピル

アイピルランキング広告

多くの病院で避妊薬として処方されている、ノルレボのジェネリック医薬品です。同じ有効成分レボノルゲストレルが1.5mg配合されていて、ほぼ同じ成分でインドのシプラ社によって製造されています。

その為、ノルレボとほとんど同じ効果を得られる上に安いことで人気です。また、1回の服用で良いという手軽さもアイピルが人気な理由の1つです。

マドンナ

マドンナのランキング広告

タイの製薬会社で製造された、ノルレボ錠のジェネリック医薬品であるマドンナ。

ただ、1錠に含まれる有効成分が0.75mgの配合のため、2回に分けての服用が必要になります。

海外で広く利用されているアフターピルの1つです。

避妊に失敗した後、72時間以内に1錠とそれからさらに12時間後にもう1錠を飲むことで高い確率で避妊できます。

エラ

エラのランキング広告

通常72時間以内の服用が望ましいアフターピルですが、このエラは120時間つまり5日以内の服用で約85%以上の避妊効果が期待できます。

その避妊効果は3日以内であれば、約95%以上とも言われています。

服用の制限時間が格段に伸びながらも、服用は1回で良いので飲み忘れてしまう心配もありません。

-避妊

Copyright© アフターピルで緊急避妊|女性の味方 , 2018 AllRights Reserved.