アフターピルの避妊効果

コンドームを使用していたのに破れていた、酔った勢いでそのまましてしまっていたなどSEX後に失敗に気付き、あわてて洗浄したりして次の生理が来るまではひやひやした、ということは割と多くの人が経験したことがあるのではないでしょうか。
このような緊急事態を乗り切る薬が、アフターピルです。一般的に病院で手に入るといわれるアフターピルとはいったいどのようなもので、体へはどんな影響があるのでしょう。

事後に避妊ができる

一般的に避妊は日常的に飲用しておく低用量ピルやペッサリー、SEX時に使用するコンドームなどが挙げられます。低用量ピルの飲用を忘れていた、コンドームが破れた・外れてしまったなど、避妊失敗した際の緊急避妊法として用いられるのがアフターピルです。

アフターピルは事後72時間以内の服用で避妊効果があるとされています。ヤッペ法とノレルボ法の2種があり、ヤッペ法は72時間以内に1錠もしくは2錠、その後12時間以内にもう一度の計2回服用します。一方のノレルボ法は72時間以内に1回1錠の服用で完了です。

ヤッペ法は2回目の飲み忘れによる失敗例も見受けられ、副作用もノレルボ法と比較すると重いとの報告もあり、現在はノレルボ法が主流となっています。
さまざまな避妊方法がある中で事後に避妊効果が期待できる方法は、現時点ではアフターピルのみです。

服用すると体に何が起きる?避妊効果の期待度

避妊効果の期待度
一般的にピルと呼ばれるのは低用量ピルの事で、このピルは定期的に服用し排卵を抑制する事により受精を防ぎます。一方アフターピルとして中用量ピルが用いられる場合もあり、どちらも低用量ピルより多量の女性ホルモンが含まれています。女性ホルモンの急激な変化が排卵の抑制と、子宮内膜を剥がす働きをして強制的に生理を起こします。

受精卵が着床しないようにする働きもあり、受精卵の着床時間が最短72時間であるため時間制限があるのです。服用後、子宮内膜を強制的に剥がして起こる消退出血が翌日から長くても3週間の間にあり、この出血が見られれば避妊に成功したと言えます。

アフターピルのメカニズムを知る
避妊効果を持つアフターピルのメカニズム

アフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれ、避妊に失敗した性交渉後に服用する経口避妊薬です。 緊急避妊薬を摂取することで、女性ホルモンの一種である黄体ホルモンと同じ作用を起こし、人工的に黄体ホルモンが分泌され ...

続きを見る

もし出血が起きなかったり量があまりに少なかったりした場合は妊娠をしている可能性もある為、妊娠検査薬での検査や産婦人科医での受診をした方が良いでしょう。
逆に出血が多かったり、痛みが酷くあらわれたりした場合は避妊成功以外の症状、つまり体内で何か異常が起きている可能性もあるので我慢せずに、すぐ病院を受診することをお勧めします。

副作用としてさまざまな症状が起こる場合もある

副作用としては頭痛・腹痛・胸の張り・吐き気等が挙げられます。人によっては仕事に差し支えるほどの不調をきたす場合があります。もし薬を吐いてしまった場合は、服用から3時間が経っていなければ再度アフターピルを飲む必要があります。それは、薬の成分が体内に吸収されていないので、避妊効果は無いことを意味してしまうからです。2度目の服用の際は、市販の吐き気止めを服用してからアフターピルを飲むことで、その後の嘔吐を防ぐことができるでしょう。

もし2度目も薬が吸収される前に吐き出してしまった時は、自己判断をせず医師に早急に相談する事が必要です。薬の吸収も個人差はある為、吐き気による副作用が原因で連続してアフターピルを服用する対処法が自己判断でとれるのは2度目までと覚えておいてください。それほど、アフターピルが強制的に生理を引き起こす事による体へのダメージも、通常の避妊よりはよほど大きいと言わざるを得ません。

しかし、望まない妊娠をし中絶手術を受ける方が女性により大きなダメージを与えます。場合によっては中絶が、その後の不妊の原因となってしまう事もあるくらいです。事後避妊の方が、中絶手術よりははるかに女性へのダメージは少なくて済むのです。

なお、他の副作用としては

・何度も服用すると血栓病のリスクが高くなる
・喫煙者には心臓や循環器系への副作用で危険な状態なる事がある

等も挙げられています。
これらのことから、特に喫煙者は煙草の本数を控える必要があります。また、他の薬を服用されている方は飲み合わせによっては重篤な症状を引き起こすケースもあります。そのため何か気になることがある方は、必ず医師と相談した上でアフターピルの使用を考えましょう。

また消退出血後も2~3か月間は生理が不順となり、排卵の時期も変わってしまうので低用量ピルの服用などの対処をしなければ、妊娠しやすくなることも覚えておいて下さい。

服用時間により避妊効果に差がある?

服用時間で効果に差が出る
アフターピルによる避妊効果は、事後12時間以内であれば約95%、72時間では約75%と経過時間により20%も効果に差が出ることが分かっています。ただ、これらの時間は目安に過ぎません。
避妊する為には「受精卵の着床」を防ぐ必要がありますが、その着床までに要する時間も個人差があるので、早く飲めばそれだけ避妊出来る確率は高まります。

アフターピルはドラッグストアでは売られていない要処方薬です。産婦人科で処方してもらうのが一般的で、中でも母体保護法指定医とされている産婦人科医が確実です。そうでない産婦人科医の場合は電話で処方可能かどうかを確認してから行った方が良いでしょう。それは経過時間により効果に差が出るため、効率的に動いた方が良いからです。

個人輸入で安価に入手する事も可能ですが、注文して届くまでに1~2週間かかるため緊急時には間に合いません。また近年、アフターピルの偽物が流通されていることも事実です。もし、健康被害が出てしまっても個人輸入で購入する場合は、全て自己責任になる為注意は必要です。
信頼できる輸入代行業者を見つけて安価で購入しておいて携帯し、いざという場合に備える事が大切なのです。アフターピルを携帯しておくことで「避妊しなければいけない」状況になった時にすぐ服用することができます。そうすれば、高い避妊効果を得られることにつながるでしょう。

効果と緊急性への理解

アフターピルは、唯一事後避妊ができる薬で上記に挙げた避妊失敗だけでなく、性犯罪の被害にあった際にもこの手段が救いとなりえます。被害を受けた上に妊娠したとなれば、どれほど苦痛でしょうか。その上、女性にとって中絶は体だけでなく心にもとても大きなダメージを残します。この点は、男性にも理解してもらいたいところです。

アフターピルは体への負担も考えると日常的に使用する薬ではないため、避妊には男性の協力も必要です。ですが、相手が避妊に非協力的なケースや、快楽におぼれて見境をなくてしまったりするケースも想定しておかなければなりません。気を付けていてもコンドーム装着での避妊成功率は90%で、避妊失敗の可能性はないとは言えないのです。

アフターピルは出来れば使わないに越した事はありません。ですが、医師に処方してもらったり信頼できる輸入代行業者から購入したりして常備しておけば、緊急時には非常に心強い味方となってくれる薬なのです。

多数のアフターピルの特徴から1つを選ぼうとしている女性
アイピルやマドンナ、アフターピルの比較

ピルと言えば毎日服用することで避妊効果を得られものですよね。アフターピルは名前のとおり性行為後に使用できるピルなのです。その効果は100%と言う訳ではありませんが、行為後の服用が早ければ早いほど望まし ...

続きを見る

女性の味方:アフターピル人気ランキング

アフターピルといっても、1回の服用で良いタイプと2回の服用に分ける必要があるタイプなどいろいろあります。何が違って、どれが良いの?と迷う方も多いのではないでしょうか。

それでは、ここで実際に人気のあるアフターピルについて紹介していきます!

アイピル

アイピルランキング広告

多くの病院で避妊薬として処方されている、ノルレボのジェネリック医薬品です。同じ有効成分レボノルゲストレルが1.5mg配合されていて、ほぼ同じ成分でインドのシプラ社によって製造されています。

その為、ノルレボとほとんど同じ効果を得られる上に安いことで人気です。また、1回の服用で良いという手軽さもアイピルが人気な理由の1つです。

マドンナ

マドンナのランキング広告

タイの製薬会社で製造された、ノルレボ錠のジェネリック医薬品であるマドンナ。

ただ、1錠に含まれる有効成分が0.75mgの配合のため、2回に分けての服用が必要になります。

海外で広く利用されているアフターピルの1つです。

避妊に失敗した後、72時間以内に1錠とそれからさらに12時間後にもう1錠を飲むことで高い確率で避妊できます。

エラ

エラのランキング広告

通常72時間以内の服用が望ましいアフターピルですが、このエラは120時間つまり5日以内の服用で約85%以上の避妊効果が期待できます。

その避妊効果は3日以内であれば、約95%以上とも言われています。

服用の制限時間が格段に伸びながらも、服用は1回で良いので飲み忘れてしまう心配もありません。

更新日:

Copyright© アフターピルで緊急避妊|女性の味方 , 2017 AllRights Reserved.