アフターピルを知る

性交渉の時、避妊の為にしていることで一般的なのはコンドームでしょう。しかし、コンドームだけでは、外れたり、破れてしまったなどということが起きたとき避妊効果は無いに等しくなってしまいます。
また、相手の男性がコンドームすら付けてくれなかった、襲われたなどという行為を強引にされてしまったなどという状況もあり得ないとは言い切れません。そうした性交渉の後にできる避妊方法がアフターピルを服用することなのです。

アフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれる薬ですが、病院によっては中用量ピルを緊急的に避妊薬として処方する場合もあります。しかし、アフターピルの方が中用量ピルに比べて副作用も少なく、高い避妊効果を得ることが出来ます。
さらに、アフターピルについて知り「もしも」のことが起きた時の為に備えておくことも必要です。

妊娠を防ぐ為に働きかける薬

アフターピル服用後
アフターピルを服用することで、多量の女性ホルモンが体内に吸収されることになります。その女性ホルモンというのも黄体ホルモンと呼ばれるもので、本来は排卵後から妊娠準備期間に分泌が増えます。

しかし、故意に摂取することで既に排卵された後だと判断します。排卵前だと排卵抑制効果も働く為、より避妊効果は高くあらわれるでしょう。そして、排卵前でも後でもアフターピルを飲むことで黄体ホルモンの分泌量が増えたと判断されて、子宮内膜の成熟が早まります。その結果、受精卵が出来ても着床しずらい状況を作るのです。

さらに、黄体ホルモンの分泌停止が生理を引き起こすので、アフターピルの薬の効き目が切れると生理が起こる働きになるのです。
このことから、アフターピルは妊娠を防ぐ為に働きかけて、強制的に生理を引き起こす緊急避妊薬とされています。

アフターピル服用のその後

アフターピル服用の後
強制的に生理を引き起こすといっても、排卵のタイミングによっては自身の体内で実際に黄体ホルモンが分泌されている期間も考えられるので、生理が起こるタイミングにも個人差があります。その為、アフターピル服用後3日~3週間程度で消退出血が起こったり、消退出血なく本来の生理周期に合わせて生理が来る人などそれぞれです。

消退出血は避妊成功の証とも言われていて、人工的に子宮内膜が剥がれ落ちて体外に排出されることを意味します。自然に起こる生理と区別をする為に、人為的に起きた生理は消退出血と呼ばれています。
これらのことから、生理周期が大きく乱れることも考えられます。その為、アフターピル服用後には2ヵ月~数ヵ月程度は生理不順や生理痛の悪化などになってしまう人も少なくありません。
それほど、緊急避妊は身体に負担がかかることだと知っておくことが大切です。

アフターピル服用後に妊娠しにくい体質になることはありませんが、アフターピルの常用などを続けてしまえば生理不順は続き、排卵のタイミングが分かりづらくなったり酷い生理痛の頻度が増えたりと身体への負担も続いてしまう可能性もあります。

病院処方以外にも通販で買える

アフターピルは通常、病院処方での購入となります。しかし、最近は通販での購入も可能となっていて事前に万が一の事態に備えておくことも出来ます。病院処方の際は、その時限りの服用分しか購入できない上に保険適用外になるので、金額もその病院によって異なります。プラノバール錠は3000~7000円程度ですが、ノルレボ錠は10,000~20,000円程度の費用がかかってしまいます。

また全ての婦人科で取り扱っているわけではありませんから、事前に電話で確認する必要もでてきます。
通販であれば、検索をするだけですぐに金額まで知ることが出来ます。通販の場合は、病院処方される薬のジェネリック医薬品も多く取り扱いがあるので、ノルレボ錠でも1,500~3,000円程度で買えます。

ただし、海外からの発送になるので注文から5日~10日前後かかります。その為、必要となってからの購入では遅いので前もって購入しておくことをオススメします。

緊急時に服用することが大切

緊急的にできる避妊がアフターピルの服用
緊急避妊薬の種類によって服用方法や副作用などは異なりますが、どちらにも共通していえることは望まない妊娠を緊急的に防ぐために使用するということです。
緊急時とは、コンドームが破れてしまったり、途中でコンドームが抜けてしまった。性犯罪に巻き込まれ妊娠のおそれがあるといった場合で、日常的に使用するためのものではありません。

女性はホルモンバランスが崩れることで、体調を崩すだけではなく精神的にも不安定になってしまいます。重症の場合、日常生活にも支障が現れてしまうこともありますから、緊急避妊薬は最終手段として使用することを守りましょう。

望まない妊娠をした場合、中絶手術を行うことになります。中絶手術は体にも大きな負担をかけますが、それ以上に精神的にも大きな負担となってしまいます。
そうならないためにも、妊娠を望まないのであれば、男性に頼るのではなく女性が自分自身で避妊することが大切です。

アフターピルで高い避妊効果を得る
避妊したい人必見!アフターピルの正しい服用方法

彼氏や夫との間に「今、子どもができることは望んでいない」そんな時に妊娠の可能性があるとさまざまな理由もあることからアフターピルを飲んで避妊する人もいます。しかし、その避妊率は100%では無いので妊娠し ...

続きを見る

女性の味方:アフターピル人気ランキング

アフターピルといっても、1回の服用で良いタイプと2回の服用に分ける必要があるタイプなどいろいろあります。何が違って、どれが良いの?と迷う方も多いのではないでしょうか。

それでは、ここで実際に人気のあるアフターピルについて紹介していきます!

アイピル

アイピルランキング広告

多くの病院で避妊薬として処方されている、ノルレボのジェネリック医薬品です。同じ有効成分レボノルゲストレルが1.5mg配合されていて、ほぼ同じ成分でインドのシプラ社によって製造されています。

その為、ノルレボとほとんど同じ効果を得られる上に安いことで人気です。また、1回の服用で良いという手軽さもアイピルが人気な理由の1つです。

マドンナ

マドンナのランキング広告

タイの製薬会社で製造された、ノルレボ錠のジェネリック医薬品であるマドンナ。

ただ、1錠に含まれる有効成分が0.75mgの配合のため、2回に分けての服用が必要になります。

海外で広く利用されているアフターピルの1つです。

避妊に失敗した後、72時間以内に1錠とそれからさらに12時間後にもう1錠を飲むことで高い確率で避妊できます。

エラ

エラのランキング広告

通常72時間以内の服用が望ましいアフターピルですが、このエラは120時間つまり5日以内の服用で約85%以上の避妊効果が期待できます。

その避妊効果は3日以内であれば、約95%以上とも言われています。

服用の制限時間が格段に伸びながらも、服用は1回で良いので飲み忘れてしまう心配もありません。

更新日:

Copyright© アフターピルで緊急避妊|女性の味方 , 2017 AllRights Reserved.