アフターピルの副作用

アフターピルにはいろいろな副作用がある
アフターピルは何らかの理由で避妊に失敗し、望まない妊娠を避けるためにある薬です。人の性交では妊娠だけが目的ではなく、コミュニケーションとしても非常に大切な事でもあります。ですので必ずしも妊娠を望んでいるとは限りません。妊娠を望まない場合があり、例えば危険日に避妊をしなかったなどの理由があげられます。
また性犯罪などに巻き込まれたなど、強要されたり避妊を出来なかった時などには助けとなります。

その一方でアフターピルはホルモンバランスを強制的に崩し、副作用も強く、常用するのはあまりよくないとされています。あくまでも緊急用の避妊薬と覚えておいた方がいいでしょう。しかし、いざとなったらつべこべ言わず飲むしかありませんよね。
そこで今回はアフターピルの使用した際の副作用について紹介したいと思います。

嘔吐と吐き気、胃の不快感

最もこれが1番多い症状です。約半数の方が吐き気を催すと言われます。吐き気や胃の不快感だけならばまだいいですが、嘔吐をしてしまったら薬が出て来てしまうので効果がなくなってしまいます。ですので、嘔吐した場合は飲み直さなければならなくなります。服用後、2時間以内に嘔吐をしなければ大丈夫です。

また、飲んだ事が無い人にとってはどんな症状がでるかもわかりません。突然、嘔吐してしまう事もあります。1回目の服用で嘔吐してしまったら2錠目を服用します。このような事もあるので予備に2箱分持っておくと安心出来ると思います。

その一方で服用をするたびにどうしても嘔吐してしまう方も多くいます。そういう方は病院で医師の指示に従った方がいいでしょう。このように嘔吐と吐き気が主な副作用になります。どうしても服用する事で吐き気や嘔吐が心配な方は制吐薬を処方してもらうのも可能です。その際は用量、用法をしっかり聞き正しく服用をしましょう。

また、制吐薬でなくても大丈夫です。その場で処方してもらなくても薬局にいって市販の薬でも充分に大丈夫です。その際は車酔いなどの酔い止めを選ぶといいでしょう。必ず薬剤師にも併用する旨を伝えてから購入しましょう。このように吐き気止めを併用して服用する事も大丈夫なので嘔吐の心配な方は服用しておくといいでしょう。

頭痛

頭痛が起きている女性
服用をした事によってホルモンバランスが乱れるので頭痛がする事があります。人それぞれ体質にもよりますが、過去に服用をして頭痛をおこした方はまた頭痛を起こしやすいでしょう。その逆に頭痛をおこさなかった方はなりにくいと言えます。ただ、激しい頭痛が起きているときは血栓症の疑いがあります。そういった場合はすぐに病院に行きましょう。

特にタバコを吸われている方は注意が必要です。タバコに含まれるニコチンが血管を収縮させる作用により血管が細くなることで、アフターピルの血栓が出来やすくなる作用を相まって詰まりやすくなり、血栓症になるリスクが上昇します。ですので、タバコが習慣的になっている方は服用期間中はタバコを控えるか完全に禁煙をする事をオススメします。

アフターピルの服用をオススメできない
血栓症が危険!?アフターピルの服用をオススメできないのはこんな人

一般的にアフターピルは、副作用の少ない安全な薬だと言われています。健康状態が良好の人の場合、副作用として現れる症状は主に吐き気や嘔吐。頭痛や腹痛などと言った体調の変化となっています。また、これらの症状 ...

続きを見る

めまい

これも個人によって様々で症状が出る場合と出ない事があります。しかし、めまいになってしまいますと嘔吐や吐き気を催す事もあります。めまいがしたら早めに横になったり休んだ方がいいでしょう。

不正出血がある場合も?

副作用には不正出血があると聞いた事がある方もいるのではないでしょうか?それが消退出血であれば避妊の成功となります。服用後に早ければ3日後には出血する事があります。消退出血は子宮内膜が剥がれる事によって出血が起こるのです。通常では服用後3日~21日のあいだに出血します。

しかし、あまりに早すぎると婦人系の病気にかかっている可能性もあるので病院での受診をオススメします。また21日過ぎても何も起こらないのであれば妊娠の可能性も考えられます。ですので妊娠検査薬や病院での検査をするようにしましょう。

生理周期が乱れる

生理周期を乱す副作用もある
ホルモン剤のため強制的にホルモンバランスを乱すことで妊娠をしない様にします。大きくホルモンバランスを乱す事になってしまうので、服用後は本来の生理周期と大きくズレる事があります。月に2回生理がきたりなど元の生理周期に戻るまでには時間もかかります。

また服用後、生理が3週間こないとなると妊娠している可能性もあります。通常では元の生理予定日より遅くなることはないのです。この点だけはしっかり覚えた方がいいですね。

副作用を理解した上で飲むこと

いかがでしたか?この様にアフターピルを服用をするには様々な副作用があります。中には怖いものまでありますよね。ですが、人それぞれなので必ずしも起こるとは限りません。
しかし、ホルモンバランスを崩す事によって吐き気や嘔吐を催す方は約半数の方が経験をしているので何らかの対策をしていてもいいかもしれませんね。

いずれにしても、常用はオススメできません。しっかりと避妊をする事で対策は出来ますので緊急時以外は服用しないようにしましょう。

女性の味方:アフターピル人気ランキング

アフターピルといっても、1回の服用で良いタイプと2回の服用に分ける必要があるタイプなどいろいろあります。何が違って、どれが良いの?と迷う方も多いのではないでしょうか。

それでは、ここで実際に人気のあるアフターピルについて紹介していきます!

アイピル

アイピルランキング広告

多くの病院で避妊薬として処方されている、ノルレボのジェネリック医薬品です。同じ有効成分レボノルゲストレルが1.5mg配合されていて、ほぼ同じ成分でインドのシプラ社によって製造されています。

その為、ノルレボとほとんど同じ効果を得られる上に安いことで人気です。また、1回の服用で良いという手軽さもアイピルが人気な理由の1つです。

マドンナ

マドンナのランキング広告

タイの製薬会社で製造された、ノルレボ錠のジェネリック医薬品であるマドンナ。

ただ、1錠に含まれる有効成分が0.75mgの配合のため、2回に分けての服用が必要になります。

海外で広く利用されているアフターピルの1つです。

避妊に失敗した後、72時間以内に1錠とそれからさらに12時間後にもう1錠を飲むことで高い確率で避妊できます。

エラ

エラのランキング広告

通常72時間以内の服用が望ましいアフターピルですが、このエラは120時間つまり5日以内の服用で約85%以上の避妊効果が期待できます。

その避妊効果は3日以内であれば、約95%以上とも言われています。

服用の制限時間が格段に伸びながらも、服用は1回で良いので飲み忘れてしまう心配もありません。

更新日:

Copyright© アフターピルで緊急避妊|女性の味方 , 2017 AllRights Reserved.