アフターピル体験談

避妊をしたい時に、飲むアフターピル。しかし、実際のところ効果ってどうなってるのか気になるところです。ここまで、アフターピルはどんな時に必要だとか、効果や副作用についていろいろ学んできました。

ただ、それぞれの症状には「個人差」があることも事実です。これまでに、いくつかのアフターピル体験談を集めてみました。アフターピルを使うことになったきっかけや効果、副作用、その後について紹介していきます。

旦那との性交渉の後でアフターピルを使いました

並んで座っている男女
我が家は子供が二人いる家庭です。夫婦関係は良好で週に一度は性交渉があるのですが、その日は、コンドームを使用してのセックスだったのですが、行為の途中でゴムが破れてしまったようで、フィニッシュした後に確認したところ精液が漏れていました。

結婚しているので妊娠しても構わない状況ではあるのですが、経済的な理由もあり妊娠は希望していませんでした。
「どうしよう」と焦った私は、すぐにネットで情報を調べました。そこで、「アフターピル」の存在を知ったのです。

性交渉後、72時間以内であったら事後緊急避妊薬として妊娠を回避できるということで、翌朝、近くの産婦人科を受診しました。

ネットなどによると「通販サイトでも購入は可能」と書かれていたのですが、通販サイトの場合、ショップによっては、配送に手間取り、アフターピルが届くまでに時間がかかってしまうと効果が出る時間には「間に合わない」という焦りもあったのです。

産婦人科では少し恥ずかしかったのですが、先生に事のいきさつを話しました。先生からは、「コンドームをしていても万全ということはないので、仕方がないでしょう。
アフターピルを処方しておくのでおうちに帰ったらすぐに飲んでくださいね」と言われました。

薬をもらった後、近くの自販機で水を購入してその場で飲みました。この時点で、性交渉後から30時間ほどたっていたと思います。

家につき、ネットで再度、アウターピルに関して情報を調べてみると「服用は早ければ早いほど良い。24時間以内の服用が効果が高い」と書かれていたので少し焦りました。服用後は、「本当に大丈夫だろうか」と不安な気持ちでいっぱいでしたが、一週間後に生理が来ました。

生理とは少し違うように感じた副作用

朝、いつものようにトイレに入るとティッシュに少量の出血がみられました。「よかった」と安堵の気持ちでいっぱいでした。
生理がくるまでの間は何となく体が熱く感じられました。今思うと、生理がくる微熱のようなものが三日前からありました。

アフターピルを飲んでいて特に副作用は感じませんでした。しかし、この時きた生理はいつもの生理とは異なり、子宮のあたりに激しい痛みを感じました。

生理の二日目に、子宮の中で何かがはがれていくような激痛が数時間続いたので心配になりました。

今回は本当に予期せぬ出来事だったため、産婦人科で処方してもらったのですが、自費扱いだったので10,000円ほどの出費になってしまいました。
そこで、今後もこう言った事態がないように通販サイトであらかじめ、アフターピルを購入して常備しておこうと思います。

安心してアイピルを買えるサイト
信頼できる通販サイトを見つけてアフターピルを買う大切さ

自分でも、アフターピルを使うことになった場合、「適当に通販で買えば病院に行かなくてもいいんでしょ」と思っている人は、少なくないはずなのです。インターネット社会になるまでは、今まで病院に行かなければアフ ...

続きを見る

結婚前だったので避妊

披露宴用のタキシードとウェディングドレス
アフターピルを私は何度か使用したことがあります。ここでは、その理由と効能についてお話します。

私は、今現在、既婚ですが、アフターピルを使用した当時、今の夫となる人と付き合っていました。私は結婚したいなと思っていましたが、彼自身は、そこまで考えていなかったようでした。そもそもできちゃった結婚などには私が興味がなかったので、常に避妊をしていました。

そんな風にしていたのに普段使っていないコンドームを使ったことで、行為に及んだあと、それを処理しようと思った際に破れているのがわかりました。
どうしようと考え、この場所が海外だったこともあって、すぐにアフターピルを購入しようということになりました。

ちなみに日本でアフターピルは病院に行って処方してもらうか、個人輸入に頼ってインターネットで購入するしか方法はありません。ですが、海外はそういったことがなかったので、すぐさま薬局に行って、「アフターピルが欲しい」というと、1回1錠の500円程の物をすすめられ、購入しました。
正直こんなものを飲んで妊娠を妨げられるのであれば、あまりにも恐ろしいものだなと思って服用前は、痛みや出血などがあるのではないかとずっとびくびくしていました。

副作用が辛かった・・・

さて、行為に及んでから48時間以内に服用するというもので、私は、その時間内に飲むことができ、それで終わりかと思いました。ところが、これを服用したのが、大体、夕方の18時頃だったでしょうか。
行為に及んでから20時間くらい過ぎたころでした。

しかし、これを服用してから半日がたった翌朝、もう起き上がるのも億劫というくらいに激しい頭痛を感じました。そして、常に頭はくらくらしていて体はふらふらし、吐き気も仕事をしながら1日中ずっとありました。

ですが、これも夕方頃になると収まってきましたが、今度は腹部に鈍痛を覚えました。私は元々生理痛はありませんが、「ああ、これが生理痛なのかもしれない」と思い、数日後つい最近来たばかりの生理がやってきて、「なるほど、これがアフターピルの効果で、こうして避妊をすることができるのか」と思いました。

こうした、「不規則」な生理が来ることがアフターピルの成功を意味します。
これさえ来れば、妊娠の心配はありません。ただ、その後は少し不順になる場合もあるので低用量ピルを飲むなどした方が楽で安心だと私は感じました。

更新日:

Copyright© アフターピルで緊急避妊|女性の味方 , 2018 AllRights Reserved.